忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
ぼくらの奇跡の7日間
この記事はを自己責任で読んでください

宗田理さんの人気シリーズ「ぼくらシリーズ」の横浜開港編の第一巻

ちょっと今までと毛並みが違う感じがしましたが、さすがぼくらシリーズといった感想ですww


ぼくらの七日間戦争と地続きになっていて今回は
安永と久美子の子が参戦

居留地を作るために準備を始めたんですが
いざ決行の日、大人達に謎のかゆみが発生し大人不在となったために、彼らが住んでる地域が丸ごと居留地に・・・
棚ぼたから始まった今回・・・正直、廃動物園で、大人との大激戦を期待したおいらには残念な展開ですがw

唯一被害にあわなかった老婆との出会い

テレビ局員の息子が大人が入れない居留地のテレビ局を利用して、子供たちの子供たちによる番組を放送し、
悪い大人を撃退したり、


せっかく安永の子供が出て、7日間戦争にも触れたんだからもうちょっとリスペクトして、あの演説に順ずる放送もして欲しかった・・・

恋愛っぽい要素がまったくなかったのに、最後に告白イベント・・・この辺が意外と現実っぽいな~ww
PR
【2012/08/28 03:01 】 | 読むぜ~、そして読んだぜ~ | 有り難いご意見(0)
<<アバターにしてやるぜww | ホーム | ラノベ『武装神姫2』>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>